Entry: main  << >>
メダルと選手

 今日も再びソチ・オリンピックの件について。今日は何故、日本人がメダルに固執してしまうのか、という話。

 記事記載時点の2月12日までのところで見ていくと、メダル絡みできつかったのが、女子ジャンプの高梨選手と女子モーグルの上村選手。この2人であろう。
 まず女子ジャンプの高梨選手は何ともピリッとしない日本代表の現状を打破して金メダルみたいな、大会が進むにつれて膨らんできた日本代表への不満やら期待やらを一身に背負ってしまった形。そんなに重い状況では上手に飛べるはずも無いだろうという風だ。

 こちらのインタビュー記事を見ると、やはり何か大きいものを背負ってしまっていたのだなという事がひしひしと伝わってくる。まあ、17歳といえば昔であれば十分大人だから国の期待を一身に背負うという事もありだろうという考え方もあるのだろうが、何とも情けないのは取り巻きの大人連中である。
 こんな小さい子供に国の期待という重圧を背負わせてしまって、まあ、申し訳ないと思う大人がどれくらいいたのであろうか。せめて結果に対しては回りが責任を感じ全力で高梨選手を守るべきであろう。
 勿論、既にネットでは高梨選手への容赦ない罵倒が始まっている。こういうセーフティなところから批判だけするようなそういう連中が国内にいること自体、恥ずかしくてしょうがないのだけれども、実際にこういう連中を発生させてしまうようなそういうカルチャーというか土壌が日本にはあるのだろう。

 メダルといえばもう一人、やはりモーグルの上村選手を触れないわけには行かない。まあ、5大会出場という事自体が相当に激しい話だが、出場のたびに順位を一歩一歩上げていって、7位から、6,5,4と来て今回の大会に臨んだ。
 勿論、メディアでは「つぎは3位で、いや金で。」みたいな容赦ない無責任な言葉や期待を本人に投げかけていたが、今までの経験でかなりメディアに振り回されてきた経験がある為か、こういう無責任な期待に対しても頑張ろうみたいな話をしっかり出来る所は本当にトップ選手だなと感じる。
 結果としては4位。決勝1番手で滑り終えた時にはこれで上村愛子さんの物語もメダルゲットで終わるのではないかという期待感があったのだけれども、現実は厳しいもので4位という事であった。
 それでも彼女は、自分の目標としている滑りを全て出す事ができたので、悔いは無いと笑って見せた。何とも天晴れな姿ではないか。

 この話は本当に重要なので、明日も続けて生きたい。

| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment