Entry: main  << >>
年末年始 テレビ視聴メモ NHK以外

 という事で、年末年始、ようやくNHK以外のコンテンツだけれど、そのほか目を見張る番組があっただろうか。

 個人的には大晦日のガキの後にやるナイナイの新人発掘みたいな番組があるのだけれど、これがとても気に入っている。今年も面白い芸人さんが沢山出ていたのだけれど、個人的にその中でも気になったのは、日本エレキテル連合という女性のコンビ。まあネタがとても面白い。
 それからこれも女性芸人になってしまうのだが、劇団四季とマッスルミュージカルの2人が組んだ「りっち。」というコンビ。どちらも年齢的には若くないものの、別の業界でそれなりにやってこられた方々だけにまあ、面白い。現場でもそういう話になっていたが、今後のネタの広がりに期待したいところだ。

 そのほか何かあっただろうか。正直、大晦日のガキの使いもそろそろ飽きてきた感じがある。多分、それは本人たちが一番感じているところではないだろうか。これだけ続けて来て飽きが来ないほうが不思議というもの。その前提に立てば逆によくもここまで続いたものだと驚きすらする。
 まあ、いきなり無くなるという事は無いのだろうから、来年が最終回くらいのイメージになってくるのではないかと。
 あとは一番普通に楽しかったのは、いってQの2時間番組。正直、これが一番年内を通じて普通に面白かった、というのは、いってQの毎回のクオリティが凄すぎるのか、それとも、あまりにも年末年始の特番がNGすぎたのか。いずれにしてもいってQは面白いなという事で。

 これ以外は殆どいいところが無かったようにも思う。何とも悲しい話だ。年末年始のテレビといえば昔は本当にワクワクして待っていたように記憶しているのだけれど、最近はこのワクワク感が一切無い。何でこんなにつまらなくなってしまったのだろうか。
 しかし、このテレビがつまらないというのは、年末年始によらず、昨今叫ばれてきていることである。正直、ボリュームゾーンの団塊ジュニアがやっと会社やらなにやらで実験を握り始めてそれなりに意見が通るポジションになってきたにもかかわらずこの体たらくである。
 もう少しその年代のテレビマンにがんばってもらって、当時、我々がテレビに感じていたワクワク感を取り戻して欲しいと思う。時代が違うとか表現が厳しいとかそういう話も在るのだろうけれども、何ともテレビをかなり見て育った世代としては、何とも寂しい話なのである。

 ということで今年は馬のごとくテレビマンたちががんばることを期待したいと思う。

| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment