Entry: main  << >>
安いぞ安いぞヤマダ電機

 ヤマダ電機が大変な事になっているらしい。端的に言えば予定している数字をあげられずに困っているという話である。

 詳細に付いてはこちらの記事をご覧頂きたいのだが、ハッキリ言えば当たり前の話だ。安売りをすれば手元に残る利益は下がる。結果として、苦しくなるのは当たり前である。
 加えて、記事中にも記載されているけれども、プラズマテレビへの切り替え需要であるとか、エコポイントであるとか、それこそ何とか市中で金を回そうと実施されたばら撒き作戦の恩恵にあずかったというのがヤマダ電機好調の理由であって、これらの特殊要因が除かれればその辺の小売と一緒な訳である。

 加えてメーカーはシビアだ。数が出ているから、各メーカーともペコペコと頭を下げてやってくる。勿論買う側の立場が物凄く強いからメーカーは無理難題を押し付けられる。それでも、条件を飲めば数字を出してくれるという事で、ある意味妥協的な合意が為されていた訳だ。
 これが、ヤマダが売れないと分かれば、何でこんな理不尽な話になっているのだと。はっきり言えば、お宅じゃなくても売るところは沢山あるんだよと、一気に攻守逆転である。しかも今まで散々とむごい事を言って買い叩いてきた経緯があるので、メーカーサイドとしてはこの時とばかりに倍返ししてくるに決まっているのだ。

 ハッキリ言って、特に技術がある訳でもないヤマダ電機のような商売はとにかく規模を大きくしてグロスのスケールメリットを出しながら超接近戦での体力勝負をかけていくしかないのだ。結果としてこれが何を生み出すかと言うと、敵も見方も皆を巻き込む形での地獄へ一直線に転落していく物語りである。
 当たり前だ。そもそも買う側からすれば、安くないヤマダ電機から買う理由が無い。価格が出せないのであれば、インターネットから購入すればよいのだ。
 それでもヤマダ電機がかわいそうだなと思う部分もある。実機が展示してあるという事で来るだけ来て触ったり機能を確かめたり散々とやられた挙句に、家に帰ってネットで購入というパターンだ。これは本当に大変だ。そもそも実機を展示しているだけで電気代もかかるし、人件費だって必要だ。これを使われるだけ使われて、最後は全くそういうところに金をかけていない倉庫だけしかないようなネット会社、勿論間接費が少なくて済むので、ヤマダよりも安い価格を提示できる、から買われるのだから、たまったものではないだろう。

 いずれ、こういう業態というのは自ずと無くなっていくのではないか。つまり、右から左であれば、物流がしっかりしていれば、結局はネットで買うのが一番安上がりであって、そういう世代が着々と大きくなってきているという話である。

 ヤマダは住宅関連の商材を増やすことで起死回生を図っているようだが、どうなるだろう。人口が減り、家はむしろあまってくると思うのだけれど、ヤマダなりに勝算があるのか。また、安い安いで市場を滅茶苦茶にして最後には無くなるだろうか。何とも悲しいが注目である。

| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment