Entry: main  << >>
メンソールはダメなのか
 またアメリカでたばこ狩りの炎が勢いよく燃え上っているようだ。今度はメンソールである。
 具体的にはこちらの記事をご覧いただきたいのだが、メンソールには常習性が通常のたばこよりも強くある、というものだ。

 詳細については記事をご覧いただきたいのだが、特にもこの記事で重要と考えられるのはこの点である。

”メントールたばこの規制問題については、アフリカ系米国人の喫煙者が好む製品であることもあり、大きな議論を巻き起こしている。政府の統計によると、米国の黒人喫煙者の約80%がメントールたばこを愛用しているという。またFDAの数字では、成人喫煙者の約30%、若年喫煙者の40%超がメントールたばこを利用していることが分かっている。”

 つまり、たばこを中々やめようとしない、アフリカ系米国人に的を絞った情報操作と考えることができる。
 これは、単純に考えれば白人系のアメリカ人はどんどん煙草をやめている、しかしアフリカ系のアメリカ人は何故やめないのか、それはメンソールのせいだと。だから、メンソールの害を思いっきりPRすることで、メンソールを販売中止に追い込めば、アフリカ系米国人もたばこを吸わなくなるのではないか、という話にも見える。

 例えばこういう考え方はどうか。アフリカ系米国人は十分な職にありついていない、加えて低所得者層が多い。これらの憂さ晴らしではないが、煙草を吸う機会、人口が多い。
 一方で沢山金をもらっている白人の連中は禁煙プログラムでもなんでも、いずれやめることができる。これは、黒人差別だ、みたいな話だ。

 いずれ、きな臭いメンソールだ。
| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment