Entry: main  << >>
いよいよ来たか 山田線BRT 再提案へ
 粘着質に沿岸のBRTの動向を追っている本ブログであるが、また新しい動きが出たようだ。何でも、JR東日本がBRT化で再提案を行うというのだ。

 正直、このチャンスを逃せば、交渉決裂でもう二度と同じような条件提示はないかもしれない。つまり、はっきり言えば、この縦のラインが失われる可能性がある、ということである。

 再三、この件については話をしてきているが、JR東日本が民間企業である以上、社会的責任うんぬんはともかくとして、どう計算しても儲からない事をやる必然性は全くないのだ。
 ましてや、五分五分ぐらいの確立でうまくいくかどうか、くらいのビジネスチャンスならいざ知らず、始めれば赤字確定、しかも復旧するのにも莫大なお金が必要となる鉄道を誰が復活しようとするのか。

 たとえばだが、そこまで自治体が鉄道での復旧にこだわるのであれば、JR東日本が所有している線路、駅について、低価格で関連自治体に貸与するのはどうか。自治体は広域事業体を作ってこれを運営するのだ。
 一点、間違っても県はこの広域事業体には参加してはいけない。なにしろここで仮に赤字が出るのであれば、県民全体で負担しなければならなくなってしまうからだ。
 受益者負担の原則で突っ張って関連自治体がお金を出し合って、広域事業体を作ると。いわゆる第三セクターになるのだろうか。いや違うな。公営、ということになる。

 この広域事業体が、JR東日本から施設を借り受け、JR東日本に運営を委託するでもよい。当然、復旧にかかわる部分は、この事業体が支払をする。つまり、関連自治体=地元の人たちの税金負担によって実施される、という事になる。

 当然、計算をすればこれが丸々赤字路線になることは確定している、つまり運営コストに対して利用者が少なすぎる、輸送量も完全にオーバースペック、近所のコンビニに、最高潮に燃費の悪い巨大な車で買い出しに行くようなものだ。

 JR東日本はここまで言われているのにあえてBRTの提案をした、というところ、自治体が折れることができる最後のチャンスだと思う。それだけJR東日本も地域再生を真面目に考えて、自分のところの利益と地域再生の両立をそれこそ真剣に考えた結果のBRTなのだ。

 少なくともしっかりと聞いて、比較するなどそういう姿勢があってもよいのではないか。結局現状のままではこの交通路はいつまでたっても復旧しないのだから。
| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment