Entry: main  << >>
ご当地ナンバーについて

 ご当地ナンバー「盛岡」を入れていこう、という話があるようだ。何でも盛岡のナンバーを入れる為に、盛岡を含め8市町村が関係してくるらしい。

 まず基本的なところで、Wikiによれば、ご当地ナンバーとは、地域ナンバープレートの地域名表示を弾力化し、自動車検査登録事務所の新設の有無にかかわらず、新たな地域名表示を認める振興や観光振興等の観点で国交省が2004年11月末から募集をかけているもの。

 対象となりえる地域の基準としては、

  1. 地域特性や経済圏等に関して、他の地域と区分された一定のまとまりのある地域であり、一般に広く認知された地域であること。
  2. 原則として、単独の市町村ではなく、複数の市町村の集合であること。
  3. 当該地域において、登録されている自動車の数が10万台を超えていること。
  4. 対象となる地域が、当該都道府県内における他の地域名表示の対象地域と比較し、人口、登録されている自動車の数等に関して、極端なアンバランスが生じないものであること。
というところだ。

 地域名の基準としては、

  1. 行政区画や旧国名などの地理的名称であり、当該地域を表すのにふさわしい名称であること。また、当該地域名が全国的にも認知されていること。
  2. 読みやすく、覚えやすいものであるとともに、既存の地域名と類似し混同を起こすようなものでないこと。
  3. ナンバープレートに表示された際に十分視認性が確保されるよう、原則として「漢字」で「2文字」とする。やむを得ない理由があるとして例外を認める場合であっても最大で「4文字」までとし、ローマ字は認めないものとする。

というところ。上記だけでも盛岡がご当地ナンバーを導入するにあたっては、突っ込みどころ満載なので、本日は上記を整理して終わりとする。

| kulo. | 08:00 | comments(0) | - |
Comment