Entry: main  << >>
決裁とはそういうものです

 先日からの田中文部科学省の発言に端を発した大学認可騒ぎであるが、人災もここまで来ると本当に笑えない話だ。

 話を整理すれば、来春の開校に向けて、今まで準備をしてきた3つの大学、秋田公立美術大札幌保健医療大学岡崎女子大学、が突然、田中文部科学省大臣の大学は多すぎるので新設は認めない、とした発言から騒ぎが始まった。

 結局は、当初、現行制度では認めない、としていたものを、新制度で再度検討する、最後はやっぱり許可にします、という流れ。
 最後に田中大臣は「良い宣伝になったでしょう。」と仰ったそうだ。

 田中大臣の言いたかった事としては、現在の大学は定員割れを起こしている大学も多数あり、経営状況も良くない。かつこのような状況で生徒募集をしているので、入学する学生の質を下げてでも頭数を確保する必要があり、結果として大学のレベルが著しく下がっている。
 このような流れに歯止めがかからない中で、更に新しい大学を設置するなど言語道断である、更に競争環境を劣悪にしてどうするのか、という話。

 世の中的には、田中大臣の言っている話も分かるとする人もいれば、そもそもやり方が良くないと。突然出てきて許可しないというのはあまりにも今までの流れを無視しているのではないか、と話す人もいる。

 個人的に感じるのは、まず、大学を作るのに認可が下りる前に既に生徒募集を始めるというような事がどうして起きるのか、という話。準備している云々は置いておいて、タイミングがおかしくないだろうか。
 結果として今回は田中大臣が引きがねを引く形になった訳だが、以前からこのような許可のスケジューリングであれば、NGとなる可能性は十分にあった訳で、これを想定していない流れがまずおかしくは無いか。

 どうも世間の新聞を見ていると、NGを出すのがあまりに流れを無視しているという論調の者もあるのだが、基本的に決裁とはそういう性質のものなのだ。
 いくら積み上げてこようが、最終決裁が得られなければ事業実施はできない。それが組織として当然の話だ。これが必要ないというのであれば、決裁が必要ないように権限字体を現場に与えるしかない。
 決裁を得られない状態で云々カンヌンというのは、単なる現場の暴走である。

 結論として、今回は田中大臣の云々という話もあるが、個人的には決裁の前まで作り込んできたのだから、黙ってメクラ判を押せ、という風な空気が非常に気になるのだ。

| kulo. | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback